• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム
HOME > 登記

登記手続き

house不動産登記手続き
不動産登記は土地や建物の「権利関係」を公示する制度です。
 不動産に対する権利には、先ず誰の所有物なのかを明らかにするために所有権があり、その所有権の上に、抵当権、賃借権、地上権その他の各種権利を設定することができます。しかし、不動産を見ただけで、これらの権利を確認することはできません。そこに住んでいる(表札がある)からといって所有者とは限りません。賃借人かも知れません。また、住宅ローンを借りていて抵当権が設定されているかも知れません。もしかすると、信託財産として投資運用されているかもしれません。そこで、これらの権利を確認できるシステムが必要となります。その確認できるシステムが不動産登記の制度です。その成果物たる不動産登記記録には、これらの不動産を見ただけでは確認できない権利関係が時系列とともに明瞭に公示されています。これによって、私たちは、不動産についての権利関係を知ることができ、安心して取引(売買等)ができるようになっています。
 

不動産登記は勝手にやってくれない。
ところで、この非常に便利な不動産登記記録、一体だれが作成するのでしょうか。もちろん現実には登記官(登記事務を行う国家公務員)が作成しますが勝手には作成してくれません。私たち民間人からの申請が必要なのです。これを登記申請といいます。大きなお金が動く不動産売買や住宅ローンの実行では、登記をすることが絶対条件なので、登記を忘れるといった問題はありません。ところが相続などの場合、緊急性がなければ相続登記を放置するケースが多く、それが後日に紛争になったり、所有者不明の空き家問題を引き起こしたりしています。

登記記録は常に最新のものに更新してください。
土地や建物の価格は高額です。そして、唯一無二のものです。したがって、それに関わる当事者(利害関係人)も必然的に多くなります。ほんの少しの油断や問題の先送りが、将来大きな負担となって帰ってきます(特に、相続登記を放置した場合がその典型例です。)。これらを防ぐためには、権利関係の変動がある都度、速やかに登記をすることが必要です。登記記録は常に最新のものに更新することが、将来の紛争を未然に防ぎます。



     
 
building商業・法人登記手続き
商業・法人登記は、会社等の法人の「実体」を公示する制度です。 
 会社・法人(以下、会社等)には、それぞれ、関係者が集まり、根本規則があり、資産があります。そして、定められた目的に沿って、営業などの活動をしています。
 それらの会社等の「実体」を公に表示したのが商業・法人登記(記録)です。商業・法人登記記録を手に取れば、その会社等の重要な部分について分かるような仕組みになっています。資本金はどれだけか、役員は何人か、代表者が誰であるか、支店があるか、創業はいつからなのか等が一目で分かります。そしてこれから会社・法人と取引をしようとする相手方は、事前に商業・法人登記記録を確認することで、安心して取引に入ることができます。


2週間以内に登記をしないと過料の制裁!?
12年又は5年以上何も登記しないと消滅!?

商業・法人登記は、不動産登記と異なり、登記すべき事実が発生してから2週間以内に登記をしなければなりません。この2週間の期間を登記期間といい、登記期間中に登記申請を怠ると100万円以下の過料の制裁を受ける可能性が出てきます。実際は2週間経過したからといって直ちに過料の決定が下ることは少なく、3年放置で過料の制裁を受けなかったケースや、逆に1年放置で過料の制裁を受けたといったように、ケースバイケースで裁判所が決定します。金額についても、最高額の100万円の決定が下されたという事例は聞いたことがなく、数万円から10万円の範囲内のものが多いと思われます。
 また、これと関連して、最後の登記をしてから12年以上(公益法人を含む一般法人は5年以上)登記せずに放置された会社等は、登記官により会社等そのものを抹消されることとなります。毎年必ず全国の登記所で行われていますので、注意が必要です。業務を継続している会社等が、登記を放置したばっかりに、ある日突然解散させられてたということもあります。ただし、解散させられても3年以内であれば復活(継続)をすることもできます。それよりも注意すべきは過料の制裁です。10万円を超えることも十分にあり得ます。

過料の制裁を防ぐためにも、会社等の登記記録を今一度確認してください。
会社の登記は登記期間が定められ、場合により登記官の職権で抹消されたり、裁判所から過料の制裁を受けたりします。したがって会社等の登記記録の確認は必須です。定款の変更の確認や役員任期の確認等と登記記録の照合を行い、常に最新のものに更新することで過料の制裁を防ぎます。

  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら