• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム
HOME > 成年後見

成年後見

本人の「権利擁護」がすべての成年後見

握手する老人

私たちの日常生活に判断能力は欠かせません。大小さまざまな選択と決定を行いながら日々を送っています。ところが、認知症、知的障害若しくは精神疾患又は事故等よって、その判断能力が失われる(損なわれる)ことがあります。判断能力に問題を抱えたまま日常生活を送ることは大変危険であり、本人の権利が損なわれるおそれがあります。
そのため、法は、判断能力に問題のある方に代わって判断したり、同意をや助言をすることができる者(成年後見人等)を選任できる仕組みを整備しました。これを成年後見制度といいます。成年後見人等が適法に活動することで、本人の権利が守られ安心した生活が送れます。成年後見人等は、家庭裁判所の監督の下、本人の生活援助や療養看護などの身上監護と預貯金や不動産等の管理を行う財産管理の2つの事務を行います(結婚や養子縁組等の身分行為は含みません。)。当事務所は、常に「本人の権利擁護」を念頭に、これまで数多くの後見事件を受任してきております。

成年後見制度は4つの類型

サポートのイメージ

本人の判断能力の程度や時期に応じて、成年後見制度は4つの類型を用意しています。

成年後見
常に本人の判断能力が欠けている状態です。申立てにより家庭裁判所に選任された成年後見人が、本人に代わってすべての判断を行い、本人がした契約等の行為を取り消すことができます(ただし、日用品の購入等の日常生活に関する行為を除く。)。本人の生活や療養看護、預貯金や不動産等の管理について、すべて成年後見人が行います。

保佐
本人の判断能力が著しく不十分である状態です。申立てにより家庭裁判所に選任された保佐人が、あらかじめ定められた範囲内で本人の判断に同意を与えたり、保佐人の同意のない行為を取り消したりします。場合により本人に代わって判断を行います。本人の生活や療養看護、預貯金や不動産等の管理について、あらかじめ定められた範囲内で保佐人が行います。保佐人の権限は成年後見人の権限より小さくなっています。

補助
本人の判断能力が不十分である状態です。申立てにより家庭裁判所に選任された補助人が、あらかじめ定められた範囲内で本人の判断に同意を与えたり、補助人の同意のない行為を取り消したりします。場合により本人に代わって判断を行います。本人の生活や療養看護、預貯金や不動産等の管理について、あらかじめ定められた範囲内で補助人が行います。補助人の権限は保佐人の権限より小さくなっています。

任意後見
本人の判断能力が衰える前に後見人を契約で定めておく方法です。本人の任意で定める後見人ということで任意後見と呼ばれます。手続きとしては先ず、公証役場において、本人と任意後見受任者との間で任意後見契約を締結します(この時点では、任意後見契約の効力は生じていません。)。その後、本人の判断能力が衰えたときに(任意後見契約の直後でも可能です。)、家庭裁判所へ任意後見監督人選任審判申立てを行い、任意後見監督人が選任されたところで任意後見契約の効力が生じます。
なお、判断能力が衰えるまでの間に、任意代理契約等を締結して、本人の見守り、財産管理をすることもできます。そうすることで、契約時から切れ目のない本人のサポートが可能となります。
任意後見人は任意後見契約で定められた範囲内で、後見人として事務を行います。成年後見人と異なり、取消権はありませんが、任意後見契約で定められた内容であれば何でも行うことができます。不動産の売却や株の運用も、任意後見契約で定められていれば家庭裁判所の関与なしに進めることが可能です。

ところで、先に解説しました上記3つの類型(成年後見、保佐、補助)は法定後見ともいわれ、判断能力が衰えた後に後見人等を選任するので、本人が後見人等を選択する余地はありません。すべて家庭裁判所の裁量によって決定されます。任意後見は判断能力が衰える前に、「この人に後見人になって欲しい」「このような活動をして欲しい」等といったことの選択が可能なので、法定後見とは性質が大きく異なることが分かります。

当事務所では、全ての成年後見事務にご対応できます。お気軽にご相談ください。


任意後見・任意代理人費用

見守り契約(本人との(不)定期的な面談及び電話による連絡による方法で行います。)
基本報酬 3,000円/月
訪問面談報酬 1万円/月

任意後見人・任意代理人報酬(※法定後見については家庭裁判所が決定します。)
資産額3,000万円以下  3万円~/月
資産額5,000万円以下  4万円~/月
資産額1億円以下      5万円~/月
資産額1億円を超えるとき 基準額を5万円とし、1億円まで毎に1万円を加算する。

※実費、税別
※以上は基準報酬です。その他の特別事務が発生した場合については別途ご相談。


費用の一覧はこちら
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら