不動産を売買するとき

不動産を売買するとき、売主と買主は売買の登記を申請しなければなりません。また、殆どの場合、買主が融資を受けるので、抵当権設定等の登記をあわせて申請します。売主に抵当権が付いている場合は、その抹消登記、住所が印鑑証明書と違うときは住所変更登記もあわせて行います。



ここで少し業界に裏話に触れます。
通常、マイホームのご購入する場面では、なぜか分かりませんが仲介を行った不動産業者が司法書士を指定してきます。しかし、不動産業者が指定する司法書士の場合、なぜか分かりませんが費用が高額となることが多く(費用の明細も直前まで教えてくれないことも多い)、他の司法書士の知り合いがいない場合は、そのまま提示された費用を支払うこととなります。できれば、知り合いに尋ねるか、別の関係者からもう1人司法書士を紹介してもらい、金額を比べる方が賢い方法であるといえます。身近なところでは融資を受ける金融機関に問い合わせみてはいかがでしょうか。

  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら