• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

商業・法人登記

2012年10月25日 木曜日

会社の代表者の住所

先日、お取引させていただいている税理士事務所の事務員さんから次のような質問がありました。
「代表者の住所がハワイなんですが、会社設立登記できるでしょうか?」

答えは「できません。」

日本の会社においては、代表者の内、少なくとも1名は日本に住所を有するものでなければなりません。
これは、法律ではなくて、先例(国が出す通達等)で決まってます。
ちなみに、外国会社(外国に本店のある会社)の日本における営業所の代表者についても、少なくとも1名は日本に住所を有するものでなければなりません。

参考①
昭和59年9.26民四4974号民事局第四課長回答
 内国株式会社の代表者の住所について
 代表取締役が日本に住所を有しない内国株式会社の設立の登記の申請は受理すべきでないと考えますが、いささか疑義がありますので何分の御指示をいただきたくお伺いします。
 回答 客月13日付け2法登1第238号をもって照会のあった標記の件については、内国株式会社の代表者のうち少なくとも1名は日本に住所を有しなければ、当該登記の申請は受理できないものと考えます。

参考②
昭和59年8.9民四4109号民事局第四課長回答
 外国会社の日本における代表者の住所について
 外国会社の日本における代表者の住所は、日本に定めなければならないものと考えますが、いささか疑義がありますので、何分の御回示をお願いいたします。
 回答 本年6月27日付け2法登1第184号をもって照会のあった標記の件については、外国会社の日本における代表者のうち少なくとも1名は、日本に住所を有する者でなければならないものと考えます。
 なお、これに反する外国会社の営業所設置の登記申請は、商業登記法第24条第6号により却下するのが相当と考えますので、念の為、申し添えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2011年6月 1日 水曜日

株式会社の代表者は何歳から可能ですか?

15歳から可能です。

株式会社の取締役になるためには、個人の印鑑証明書が必要です。
個人の印鑑証明書が、原則、15歳から発行可能ですので、15歳にならないと、登記できないからです。

未成年者は、会社の取締役になることは可能ですが、だからと言って、無制限に可能ではないのです。
15歳という年齢は、概ねの判断能がついてくる基準点となっていると思われます。そのことは、15歳になったら、遺言ができるということにも関係します。

民法961条 「15歳に達した者は、遺言をすることができる。」

未成年者といえども、責任は次第についてきますので、法律行為も慎重に行う必要があるといえるでしょう。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

本人訴訟・相続・贈与・事業承継・離婚・交通事故・会社設立・不動産登記・会社法人登記のお悩みに誠意をもって対応します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2011年5月27日 金曜日

定款認証前に出資をしてしまっても大丈夫ですか?

大丈夫です。定款認証前の出資でも、問題ありません。

株式会社設の設立手続においては、定款を作成して公証役場で認証を受けなければなりません。

普通は認証が終わってから出資の払込みをするのですが、認証の前にあらかじめ出資をしてしまうことは、実務ではよくある話です。

この場合、定款作成し、発起人が引き受ける株式の種類や数が決められているのであれば(設立に際して発行する株式については、定款で定める必要はなく、別途発起人全員の合意で決定できます。)、定款認証前でも出資することが認められています。

しかしながら、さすがに定款作成前においての出資は認めらないのでご注意願います。

ちなみに、当事務所の下の階に公証役場がございます。
http://houmukyoku.moj.go.jp/yokohama/table/kousyou/all/hakubutsukanmae.html
スムーズにお手続ができます。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

本人訴訟・相続・贈与・事業承継・離婚・交通事故・会社設立・不動産登記・会社法人登記のお悩みに誠意をもって対応します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2010年12月14日 火曜日

(設立)会社設立後のアフターフォローについて教えてください。

会社設立後のアフターフォローとして、会社法務や会社の変更登記をお手伝いします。また、税務関係や各種保険、許認可申請、特許出願などに関する業務については、提携の税理士、社労士、行政書士、弁理士をご紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

2010年12月14日 火曜日

(設立)会社設立に必要なものを教えてください。

お客様にご用意いただくものは、1.印鑑証明書、2.資本金・費用、3.実印のご準備のみとなります。書類作成から公証役場・法務局への出向などのほか、会社設立登記に関する一切の代行をします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | 記事URL

  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら