• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

事務所通信

2019年7月20日 土曜日

契約書等の原本は何通必要?

日常生活をしていると、契約書等に署名捺印する場面は少なくありません。
たとえば、部屋を借りるときには賃貸借契約書、
お金を借りるときには金銭消費貸借契約書、
不動産を買うときには、売買契約書、
そして相続が発生した場合は、遺産分割協議書などです。

この場合、署名捺印する当事者の分だけ原本を作成して各自が保管するか、又は原本1通だけ作成して1人がそれを保管し残りの当事者がコピーを保管するか、どちらが良いのでしょうか?

確かに、一部だけを作成して、残りをコピーとしていれば、署名捺印する回数も1回で済みますし、印紙代(遺産分割協議書を除く)も節約することができます。

ですが、ちょっと待ってください、数か月後、当事者間で何らかの契約上のトラブルが発生して、裁判になった場合を想定してみてください。
この場合、裁判所には契約書が証拠として提出されます。ところがもし、その相手が契約書に無断で巧妙に数字を書き加えていたら、その書き加えた事実を見破ることはできるのでしょうか。換言すると、照合できるものはあるのでしょうか。
コピーと照合するのでしょうか、コピーはあくまでコピーです。そのコピーが、「書き加えされていない原本を」コピーしたと証明することは難しいです。

ところがもし、原本が別にもう一通あればどうでしょうか。
この場合、裁判所にもう一通の原本を提出することにより、照合が可能となり、相手が勝手に書き加えた事実が証明できます。そして裁判に勝利することにつながります。

手間を惜しんで、契約書等の原本を一通だけにせず、きちんと当事者の人数分作成することをお勧めします。



投稿者 司法書士塩﨑事務所

  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら