• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

事務所通信

2019年5月26日 日曜日

不動産投資詐欺

不動産投資詐欺を働く不動産業者が暗躍しています。
不動産投資詐欺とは、いわゆる賃貸マンション等の収益物件について、高い家賃収入とその保証を謳って資産家を騙し、相場より高い値段で不動産を購入させて、その差額を搾取する行為です(医師がターゲットにされる場合が比較的多いです。)。
購入後は、高い家賃は嘘であることが判明するだけでなく、保証もまともに行なわれません。
そうすると勢いトラブルに発展するのですが、嘘つき不動産業者もそれなりにマニュアルがあるのか、あの手この手で反論してくるので嫌な思いをさせられます。
そんな相手とはまともな議論はできないので、ここはやはり裁判にして、白黒はっきりつけるしかありません。
ただし、通常、詐欺業者は判決が出ても任意の支払いに応じることはないので、裁判しても徒労に終わる可能性もあります。
ところが、相手が宅建業者であれば、保証協会より保証金が得られる可能性もあるので、そうであれば裁判する意味も十分あるでしょう。

詐欺業者の見分け方
以下の業者は要注意!詐欺業者の疑いがあります!
①相場より高いレントロール等を提示する
②物件について、修繕履歴等を把握していない
③質問に具体的に答えない
④将来を楽観視する発言が多い
⑤空き部屋を入居済みと偽る(ひどい場合は、本来の空き部屋に仲間の業者を住まわせ、契約が済んだ途端に退去させる)
⑥業者が物件の売主となっている(仲介ではないケース)
⑦契約書の読み合わせをしない
⑧申込みから契約まで1カ月以内

その他、まだまだありますが、高額な買い物をする場合は、現地に足を運んでしっかり確認することが必要です。
法律や土地建物の専門家などの代理人をたてて、契約内容をしっかり確認することも有効でしょう。
そして、不幸にも騙された場合は、相手が宅建業者であれば保証金を求めて裁判で損害を補填することも検討します。

司法書士は不動産の法律問題に強い資格者です。
当事務所はそのどれにも対応しております。
ご相談はいつでも受け付けております。


投稿者 司法書士塩﨑事務所

  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら