• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2012年1月23日 月曜日

消火器の使い方。

土曜日と日曜日に、防火管理者の講習を受けに行ってきました。
消火器をつかったり、避難袋で2階から降りたりしましたdash

先日は地元の防災訓練に参加したばかりで、今回は防火管理者講習。

防災尽くめというところですかねsweat01


講習の中、消防署の講師の人が「実際にいざという時に消火器が使えない方が多い。」と言ってました。

現場検証の時に、火の中に消火器が投げ込まれているケースも結構あるとか・・・

確かに、人間慌てると、何がなんだか分らなくなりますよね。

そこで、即席ですが、消火器の使い方を書いてみます。

まず、消火器は、
白い丸印(普通火災 木材・紙・繊維類の火災に有効)、
黄色い丸印(油火災 ガソリン・灯油・重油・石油・ストーブ・てんぷら油等の火災に有効)
青い丸印(電気火災 配電盤・変圧器・電気配線等の電気火災に有効)

のマークを見て用途を確認します。

そして、火が天井に達していないうちに(天井に達していると消火器では対応困難)

①「火事だ!」と大声で叫びながら、火元まで行き、
②安全ピンを引き抜き、
③ホースをしたから引き上げて、火元へ向け、
④レバーを握って消化剤を発射します(放出時間はおおよそ14秒くらい)。

火事は初期対応が大切。
消火器は使えるようになっておくと、いざという時に助かります。

こういった訓練等は、積極的に参加されるといいと思います。
百聞は一見にしかずではないですが、実際経験するとまったく違うからです。

そういう意味で、有意義な2日間でした。
ちょっと、筋肉痛になりましたけどcoldsweats01


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

相続・遺言・遺産整理・相続権・相続税・相続税控除・相続の保険・公正証書・相続放棄・本人訴訟・調停・相続登記のお悩みに誠意をもって対応します。


【各ページのご案内】
▼HOME
◆事務所案内    ◆相続・事業承継      ◆交通事故(人身事故)
              ⇒解決事例         ⇒解決事例  
◆離婚のご相談     ◆会社・法人登記手続き    ◆不動産登記手続き
 ⇒ご相談事例       ⇒ご相談事例          ⇒ご相談事例
◆相談から解決までの流れ   ◆よくあるご質問   

★無料ご相談はこちらから
★面談ご予約はこちらから


【債務整理専門サイトのご案内】
▼HOME
◆家計相談の重要性   ◆相談までの流れ   ◆相談前ダウンロード用紙   ◆債務整理の基礎知識
◆メリットデメリット     ◆手続きの流れ    ◆ご相談事例     
◆費用一覧         ◆事務所案内     ◆よくあるご質問
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら