• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2011年7月 5日 火曜日

サービス付き高齢者向け住宅

2011年4月に成立した「改正高齢者住まい法」では、居住空間(ハード面)だけでなく、一定のサービス(ソフト面)を提供する高齢者住宅を整備する方針となりました。具体的には、これまでの高齢者円滑入居賃貸住宅制度を廃止し、サービス付き高齢者向け住宅の登録制度が創設されます。簡単に言うと、高い国の基準をクリアした高齢者向けの住宅を創設することです。

これによって、今までの高齢者向けの住宅(高円賃や高専賃、高優賃、有料老人ホーム)は、サービス付き高齢者向け住宅の登録を受けた有料老人ホームと、その登録を受けない有料老人ホームの2つに限定されることになります。

増加する高齢者の安心した生活の確保と、市場の競争の活性化を狙ったものです。
国から補助金も出ますし、税金も優遇されます。

高齢者の暮らしを支えるには、介護保険制度だけではまかなえない見守りや生活相談などのサービス、つまりソフト面でのサポート体制も欠かせません。

今後の運用に大いに期待したいと思います。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

司法書士に無料相談。土日の相談予約できます。相談無料の司法書士事務所。成年後見・保佐・補助・家庭裁判所への申立のお悩みに誠意をもって対応します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら