• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2011年6月28日 火曜日

保険会社の言いなりではいけません

交通事故を起こすと、ケースによって相手方の保険会社が出てきます。

もちろん保険会社はそれなりに専門的知識をもっています。
しかも、交渉の相手ですから、あれやこれやと支払いを渋ってきます。

基本的に最初の支払い提示額は低く抑えて交渉してくるのが常ですので、決して最初の段階で安直に合意しないほうが賢明といえます。
実際に交渉してみると、かなりの額の増額があることも決して少なくありません。しかし、それには明確な根拠を示す必要がありますので、それ相応の調査しなければならないことも必要です。

要は、保険会社の言いなりではいけないということです。
そして、争う場合は根拠をはっきりとさせておいて下さい。もし、その後裁判になった場合にも利用できるからです。

難しい場合は、早めに司法書士などの専門家にご依頼下さい。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

司法書士に無料相談。土日の相談予約できます。相談無料の司法書士事務所。司法 書士が交通事故を解決。交通事故・自動車事故、事故 自動車・事故相談・示談、示談交渉・過失割合・保険事故・調停、訴訟、本人訴訟のお悩みに誠意をもって対応します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら