• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2011年6月25日 土曜日

財産分与と詐害行為取消権

離婚するにあたって、配偶者に財産を渡す財産分与があります。

これには、夫婦で作り上げた財産の清算の意味と、離婚によって経済的に不利となる他方配偶者への生活扶養の意味と、有責配偶者の慰謝料の意味という3つの意味を含んでいます。

これらの額が、それぞれの夫婦の場合で妥当な金額であれば問題ないのですが、余りにも大きな金額だと贈与税の問題が出てきますし、場合によっては詐害行為取消の問題も生じます。

詐害行為取消とは、例えば、夫に多額のお金を貸していた債権者が、債務者である夫の財産分与で、不動産の全てを妻に渡してしまって、結果として財産が残らなかった一定の場合に、夫の財産分与を取り消して(妻らか戻して)、財産の保全を図ることです。

要件はたくさんあるのですが、離婚される際の財産分与は、夫婦間だけの問題ではなく、第三者についても注意が必要です。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

司法書士に無料相談。土日の相談予約できます。相談無料の司法書士事務所。司法 書士が離婚相談を解決。離婚・離婚原因・離婚相談・未成年の子ども、親権者・離婚届・養育費用・離婚の慰謝料・財産分与・調停離婚・裁判離婚のお悩みに誠意をもって対応します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら