• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2011年6月23日 木曜日

東日本大震災の相続放棄等の熟慮期間が延長されました

東日本大震災の被災者であって、平成22年12月11日以降に、自己の為に相続の開始があったことを知った方について、相続の承認、または放棄、限定承認をすべき期間(熟慮期間)が平成23年11月30日まで延長されることになりました。

昨日の段階で、特例法が交付、施行されています(これは民法の特例法なので、平成23年11月30日までは熟慮期間延長の申立を家庭裁判所へ申し立てる必要はありません。11月30日以降延長が必要な時には申し立てる必要はあります。この特例法が適用されない被災者以外の相続人は、民法の原則どおり、家庭裁判所へ熟慮期間延長の申立をしてください。)。

ただし、既に単純承認した場合や、相続財産を一部でも処分した場合は、延長は認められません。

また、あくまでも被災者の方が対象ですので、被相続人が被災者で、相続人が被災者でない場合は適用されません。
相続財産がが被災地にあり、相続人が被災者でない場合にも適用されません。
しかし逆に、相続財産が被災地以外にあり、相続人が被災者であれば適用されます。

相続人が未成年者や成年被後見人である場合は、法定代理人について被災者であるか否かの判断をします。

また、11月30日までに、承認、放棄、限定承認が決められなかった場合でも、家庭裁判所へ更に熟慮期間延長の申し立てをすることも可能です。

取り急ぎご報告まで。

司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

相続・遺言・遺産整理・相続権・相続税・相続税控除・相続の保険・公正証書・相続放棄・本人訴訟・調停・相続登記のお悩みに誠意をもって対応します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら