• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2011年6月17日 金曜日

調停成立すると覆せません

以前、離婚調停の相談を受けたときのことですが、調停調書に捺印すると、決して蒸し返すことはできません。

調停は裁判所で行う話し合いの手続ですが、一度成立すると裁判で判決が出たのと同じ効果があります。つまり強力な効果が発生するのです。それが後になって、「あの条件は嫌だからやり直したい。」といわれても無理な話なのです。

ですので、調停調書に捺印するときは、当たり前ですが、納得の上、慎重に行って下さい。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

司法書士に無料相談。土日の相談予約できます。相談無料の司法書士事務所。司法 書士が離婚相談を解決。離婚・離婚原因・離婚相談・未成年の子ども、親権者・離婚届・養育費用・離婚の慰謝料・財産分与・調停離婚・裁判離婚のお悩みに誠意をもって対応します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら