• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

よくあるご質問

2011年6月 1日 水曜日

株式会社の代表者は何歳から可能ですか?

15歳から可能です。

株式会社の取締役になるためには、個人の印鑑証明書が必要です。
個人の印鑑証明書が、原則、15歳から発行可能ですので、15歳にならないと、登記できないからです。

未成年者は、会社の取締役になることは可能ですが、だからと言って、無制限に可能ではないのです。
15歳という年齢は、概ねの判断能がついてくる基準点となっていると思われます。そのことは、15歳になったら、遺言ができるということにも関係します。

民法961条 「15歳に達した者は、遺言をすることができる。」

未成年者といえども、責任は次第についてきますので、法律行為も慎重に行う必要があるといえるでしょう。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

本人訴訟・相続・贈与・事業承継・離婚・交通事故・会社設立・不動産登記・会社法人登記のお悩みに誠意をもって対応します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所

  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら