• 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

何気ない日常

2011年5月17日 火曜日

横浜市神奈川区の姉妹相続

横浜市神奈川区の姉妹相続の手続きをしております。その関係で、先日、神奈川区役所へ調査に行ってきました(横浜市の場合、戸籍の調査はどこの区役所でも可能です。)。

姉妹相続の場合、戸籍については、両親の出生までさかのぼって調査します。

他にきょうだいが存在するかどうか調査の為です。もし他に存在することが分ると2つの意味で結構大変なことになります。
1つは、連絡が取れるかどうか、もう1つは、相続財産をめぐる争いとなるかも知れないことです。

姉妹相続だと、相続人が高齢であることが多く、場合により既にお亡くなりになっていることがあります。そのとき、その子どもが相続人となりますので、行き来のなかった甥姪と、おじさんおばさんという関係となり、話し合いがこじれる可能性が高いのです。

話し合いがこじれないようにするには、あらかじめ遺言をするという方法があります。
姉妹相続の場合は遺留分がないので、財産の配分を遺言者が自由に決められます。

ですから、相続が発生した場合は、先ずは被相続人が遺言を残しているかどうか確認されることをお勧めします。

それにしても、神奈川区役所、混んでいるにも関わらず、戸籍や住民票をすぐに出してくれました。チームワークがよく、テキパキとお仕事している印象を受けました。


司法書士塩﨑事務所|横浜市中区馬車道駅、桜木町駅、関内駅、
みなさまに信頼される町の法律家を目指しています。

相続・遺言・相続権・相続税・相続税控除・相続の保険・公正証書・相続放棄・本人訴訟・調停・相続登記のお悩みに誠意をもって対応します。


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 司法書士塩﨑事務所 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL
  • 無料相談フォーム
  • 面談ご予約フォーム

司法書士塩﨑事務所
横浜市中区本町6丁目52番地
本町アンバービル6階

詳しくはこちら